タワーパッキング: 産業分離 & 吸収の鍵

タワーパッキング 構造化パッキングとランダムパッキングに分かれています。 ガスと液体の接触面積を増やすために使用され、汚染物質の除去、物質の抽出、エネルギー消費の削減など、さまざまなプロセス目的を達成します。 適切なパッキングを選択すると、質量と熱伝達効率が向上し、エネルギー消費と生産コストが削減されます。