パッキング: 医薬品の生産効率を改善するための鍵

で、 製薬業界、カラム内部とパッキングからなる充填カラムは、蒸留、吸収、抽出などの物質移動プロセスで一般的に使用されます。 パッキング さまざまな構造で反応表面積を増やし、反応効率を向上させることができます。 それらは、薬物の抽出と分離、薬物の浄化、廃水処理などの複数の段階とプロセスで使用されます。 したがって、パックされたコラムは製薬業界で幅広い用途があり、その開発に大きく貢献しています。

制薬业界におけるパッキングの応用例

パッキングは、主に医薬品の製造、分離、精製のプロセスに関与する医薬品の準備において重要な役割を果たします。 たとえば、ビタミンEの精製では、その抽出に使用される分子蒸留法は、複雑な機器と工業規模での技術的困難を伴います。 通常、この方法は、実験室規模の操作での小バッチ生産に適しています。 ただし、 ワイヤーメッシュ构造パッキング その高効率と低圧降下特性により、ビタミンEは通常の蒸留によって充填カラムで精製され、ビタミンEの精製が可能になります。

A picture of absorption and cooling columns in the pharmaceutical industry
私たちのサービス

私たちは高品質のコラムの内部とパッキングを提供することに重点を置いており、お客様に最高品質の製品、関連する技術サポートとサービスを提供し、お客様と一緒に成長することに取り組んでいます。